Type your search keyword, and press enter

闇金への返済を滞納してしまうと

私たちが比較的手軽にお金を借りる手段として消費者金融のキャッシングがあります。しかし、消費者金融のキャッシングでの借入には総量規制の対象となっているため、借入を希望する人の年収によっては審査に落とされてしまう可能性があります。
それに対していわゆる闇金と呼ばれている貸金業者では、借入審査なしに融資ができることを宣伝文句としています。どうしてもお金が入用にもかかわらず、消費者金融などからの借入が困難なような場面では藁にもすがるような気持ちで、闇金からお金を借りてしまおうと考える人も少なからずいることでしょう。しかしながら、闇金という存在は貸金業として営業していくために必要な登録を行っていない違法な貸金業者であり、たとえお金に困っていたとしてもそのような違法な貸金業者からのお金の借入は絶対に避けておくべきことです。
その理由として、金利が非常に高く設定されているため法外な利息を請求されてしまうためです。利息が利息を生む状態になり、あっという間に借金の額が増えてしまうことになります。また、借金の返済を滞納した場合、しつこい取立てや嫌がらせなどの行為に悩まされることになります。

支払督促申立書って返送しないと大変なことになる

実家の母から連絡が久しぶりにきて、何かと思ったら、なんか父宛に
裁判所から支払い督促が届いたとかで、どうしようって悲壮な声で
言うんで、こっちも困惑してしまいました。
とりあえずは落ち着いて、法律事務所とかに連絡したほうがいいんじゃない?
って、言っておきましたけど…。
まあ、実際、私に相談されても問題解決とかできないと思いますし
専門家に丸投げしちゃうのが一番ですよね…?
とはいえ、やっぱ、心配だし、自分でもいろいろ調べてみたんですけど
まずは、うちの実家に届いたっていう支払督促がそもそもちゃんとした
支払い督促だったのか?っていうとこが疑問。
普通、一般人ってそんな支払督促状を実際の目で見るっていう機会って
なかなかないわけじゃないですか?
だから、その支払督促状が正式なものかどうかっていう判断下しづらいもの。
一応、父も母も心当たりなかったみたいだし、支払督促詐欺とかいうのも
あるらしいですし、ひょっとしてそれかも??
支払督促詐欺っていうのはダイレクトメールみたいに適当に送りつけておいて
「まずい!」って思って、連絡とったりお金を支払う人がいたらラッキーみたいな
そういう実際にはない借金をあるように見せかける詐欺ですね。
わかりやすくメールやハガキなんかで来てる場合は一発で見抜けるんだけど
ちゃんと本来の封書の形できてるときは難しいですね。
裁判所からきてるかどうか、異議申立書が同封されてるかどうかっていうのが
見抜くコツではあるらしいんですけど。
ただ、上級詐欺になると、全く虚偽なのにも関わらず、正式な形で
支払い督促を送りつけてくる場合もあるんだとか…。
その場合は送りつけられた相手が異議申し立てしてきて裁判所でどうこうって
なったらバレバレになるけど、送りつけられた相手が
「心当たりがない!偽物だ!」って無視した場合は裁判所のほうでは
異議申し立てがなかったということは相手も認めているということで
それまでなかったはずの借金が公式に認められるとかで、それを覆すのが
大変になるだとかって非常に困ったことになるとか(^_^;)
そこらへんの対処もきっと、弁護士さんとかならなんとかしてくれますよね??
とはいえ、うちの父って忘れっぽいとこもあるんで、心当たりが
ないっていっても、実は忘れてるだけで何らかの料金とか支払って
いませんでしたってことも十分、可能性としてはあるんだよなぁ。
まあ、なんとか問題が解決してくれればいいんだけど。支払督促が届いたら無視せず、支払督促申立書の返送は必須ですね。

借金整理のプロは弁護士

ついついいくつものカードローンを使ってしまい、借金返済に困っている人は
近年、とても増加しています。
特に無駄遣いをしているわけでもないのに、貯金ができない、
急にお金が必要になった場合にはお金を借りないと生活が
成り立たないくらいのワーキングプア、貧困層が増加しているためです。
そして、一度、お金を借りてしまうと、利息分を余計に支払いせねばならず
もともと生活を切り詰めていても厳しかったのでさらに苦しくなってしまいます。
その場合、結局は生活がより厳しくなるのでまたお金を借りてしまうという
悪循環にハマってしまい、最終的には多重債務状態になってしまいます。
一旦、多重債務状態になるとそこから一人の力で抜け出すことは
ほとんど不可能だと思ったほうがいいかと思います。
そうなってしまった場合、法律の専門家の弁護士や司法書士などに相談して
債務整理を考えるくらいしか借金返済の解決方法がないと思ったほうがいいでしょう。
債務整理の相談をしようと決心したときに重要なのは法律事務所選びです。
弁護士事務所や司法書士事務所はたくさんありますが、それぞれの事務所が
あらゆる相談事に対して解決できる…というわけではありません。
相談事は本当に多岐にわたり、それぞれの専門分野を持っていることがほとんどです。
例えば、あなたが債務整理をお願いしたいと思って弁護士事務所に行っても
その弁護士が離婚調停のスペシャリストだったり、あるいは刑事事件を
専門とした弁護士だったり…といった場合には他の専門としている弁護士を
紹介されたり、あるいは案件を受けてもらってもいまいちな解決になったりと
いったことも懸念されます。
ですので、あらかじめ、借金問題を得意とする法律事務所を先に選んだほうが
手間がなかったり、よりよい解決になったりプラスになります。
借金問題を専門で扱ってくれている法律事務所は、依頼者がお金がないということが
前提になっているので、初回の相談を無料にしてくれていたり、
メールや電話での相談を受け付けてくれていたり、あるいは案件の費用を
分割での支払いに対応してくれたりといったサービスも充実させてくれています。
法律事務所に相談するのはどうしてもハードルが高い…と思っている人も
多いことかと思いますが、このまま一人で悩んでいても問題は悪化していく一方です。
できるかぎり早く相談をすれば、自分にとってデメリットの少ない方法で
借金整理をすることも可能かもしれませんので、勇気を出してぜひ相談してみてください。

闇金では返済が滞ると生命保険への加入を勧められることもある

日常生活で重要な支払いが間近に迫ったり、急にまとまった金額を捻出しなければならなくなった時には消費者金融などの貸金業者から借り入れすると便利です。しかしこの時、業者によっては審査基準が厳しく、自分の条件だとなかなか思い通りに融資が受けられないケースも少なくありません。そんな中で自分でも借りることができるものを探して契約した挙げ句、それが闇金だったという事案も少なくありません。

闇金は貸金業法から逸脱した条件で融資を行う悪徳業者のことを言います。通常の消費者金融では断られてしまうような条件の人でも簡単に審査通過できる代わりに、金利がかなり高く、うっかりしていると利子が莫大な金額に膨れ上がり自分の首を絞めてしまうことも起こり得ます。さらにこうやって返済が遅れると電話や来訪にて厳しい取り立てが行われ、もしもお金が準備できなければ生命保険に加入して自死を迫るなど、あの手この手でお金を用意させようとします。これで精神的に追い詰められて本当に死を選んでしまう人もかなり多いもの。万が一の事態へと陥らないためにも、仮にお金が必要だったとしても闇金だけは手を出さないようにした方が身のためでしょう。

闇金業者の取り立てをおちょくる

少しくらいなら…と、給料日前の金欠を補填する目的で消費者金融から
お金を借りたのは社会人になってすぐだったと思います。
最初は、給料が昇給すればこんなカツカツな生活を送ることもないから
今だけが厳しいんだと思っていましたし、ずっとキャッシングを利用しようとは
思っていなかったはずなんです。
しかし、一度、お金を借りるということをしてしまうと、その後は少しでも
ピンチになると、すぐに消費者金融を頼ってしまうようになりました。
そして、何度か借りているうちに、まるで、消費者金融から借り入れたお金が
自分自身のお金であるような感覚になってしまったんです。
そうなってしまうと、普段のお金の使い方も意識も変化してしまい、借金の
総額はじわじわと増えていってしまいました。
しかし、そういう消費者金融からは無限にお金を引き出せるものではなく
やがて、設定された利用限度の上限額に達してしまいました。
しかし、そうなると、お金は借りれないのに、月々の支払いはしなければ
ならなくなり、以前よりもずっと生活をしていくのが厳しくなります。
このときに大きく危機感を持てていればよかったのですが、自分に甘い
私はついつい、闇金融からお金を借りてしまったのでした。
闇金といいますと、怖い、暴力的なイメージがあり、闇金取り立てで
精神を病む人もいるレベルという想像をしてしまいますが、
そこまでひどい取り立てをするヤミ金業者は近年では減少傾向にあり
変わって、ソフト闇金と呼ばれる、対応がソフトな闇金融が増えてきているというのも
自分を安易に闇金での借り入れをしてしまうのに後押しとなりました。
しかし、どんなに対応がソフトであっても、闇金は闇金。

その金利はとても高くて、一般の消費者金融や銀行などのカードローンとは
全く持って別次元…すぐに借金額は膨れ上がってしまいました。
あんまりにも膨大になってしまった借金額と、利息を支払うのがやっとの
返済額にこのままでは自分の人生はどうなるのかとやっとのことで
危機感を抱いた私は弁護士事務所に頼ることにしました。

私自身の返済能力を大きく超えた借金総額と、財産らしい財産を持っていなかったため
私は債務整理の中でも一番リスクの重い自己破産を選ぶことにしました。
ただ、リスクは重くても、すべての借金を返済する必要がなくなるということは
本当に魅力で、まさに「人生をやり直す」「リセットする」という感じでした。
今はもう二度と借金をしないように慎ましく生活するように心がけています。

借金地獄が続くと疲弊するという事実

久しぶりに会った友人があんまりにも疲れきった顔をしていたので、
どうしたのかと聞いたら、カードローン地獄でにっちもさっちもいかなくなっていると
話してくれてびっくりしました。
昔から、遊びっぷりが派手な子だなとは思っていたのですが、
私自身がそれほど遊び回らないタイプなので、実際にいくらくらいを使っているのか
まったく予測がついていなかったので、案外なんとでもなるほどのお金なのかなと
思っていたんですが、結構前から、消費者金融のカードローンや、
クレジットカードのショッピング枠・キャッシング枠を使ってお金を作っては
遊んでいたらしいんですよね。
そして、そんな生活が何年も続いて、とうとう、利用限度額いっぱいにまで
お金を借りきってしまい、新規で借り入れができなくなってしまうと、
返済に月々かかるお金もかなりのもので急に節約モードになっても
なかなか支払いきれないくらいのお金になってるんだそうです。
確かに、消費者金融とかのローンって金利とか高いですよね。
でも、借金を支払うために借金をするっていうのは、本末転倒といいますか
問題の悪化しか招かないわけで…。
その子が今は闇金からでもお金を借りようかと迷っていると言っていたので
(正確には「もっと金利高くても貸してくれるところから借りようか迷っている」でしたが)
慌てて、それだけはやめておきなよと止めました。
やっぱり、ここまできてる多重債務者をなんとか問題解決にもっていくには
弁護士とかの法律のプロにきちんと債務整理をしてもらうのが一番だと思うんですよ。
ほら、よく、電車だとかバスだとかの公共なとこに法律事務所の広告シールとかで
借金の相談なら~とか過払い金返還請求がどうとか書いてあるやつ…。
おひとよしかもしれませんが、親戚でもこういうかんじで借金問題で困っていた人が
債務整理で個人再生をしてなんとか立ち直ったっていうのを聞いていたので
それも話して、とにかくまずは専門家に相談に行きなよとアドバイスしておきました。
これまで、特に考えたこともなかったけど、借金とかどこか遠い世界の話のような
本当、人事な感じのイメージだったんですが、結構身近でこういうことが
あるっていうことは世の中、結構な人が貸金業者を利用してるっていうことですかね。
でも、やっぱり自分自身はサラ金とかできれば使いたくはないなって思います。
借金は怖いものって今回のことで再認識できてよかったなって思います。

闇金の金主を用いる

闇金を営んでいる事業者は、金主と呼ばれる資金供給者からの出資を受けて事業を行っています。金主は闇金の事業者が取り立てたお金を納めさせて、結果的に利益を得ているのです。つまりお金を別の人間に渡して、その人物にお金を増加させて自らの懐を増やしているということになります。別の視点で言うと、闇金を営む者は出資されたお金を渡された以上に多くして金主にお金を渡すというスタイルなのです。
この知識を知っておくことによって、次のような場面において活用することができるのです。例えば闇金を題材にしたドキュメンタリー番組を作るときに、お金を渡す資金提供者の存在を描いていくのです。資金提供者の存在を知らせることによって、通常のドキュメンタリー番組よりも内容を増やすことができます。さらに資金提供者を知っておくことで、さらに掘り下げた内容のドキュメンタリー番組などを企画したりすることも可能になります。このようにお金を渡す人物とお金を増やす人物を知っておくことで、従来よりも違った形の内容を作ることができます。