Type your search keyword, and press enter

学生でもクレジットカードのキャッシングを使う

学生で自分自身には収入がなくてもクレジットカードは作れることが多いのですが、これは親に収入があることから利用が出来るわけですが、それならキャッシングも同じように利用できるのでしょうか。実はそうはいきません。何故ならキャッシングは貸金業法の総量規制の対象になりますので、収入の3分の一までしか借り入れが出来ないという、総量規制が厳密に適用されているからです。このために自分自身の収入がない学生は使えないのです。しかし逆に言えば自分自身の収入があれば利用できるという事でもあります。たとえ学生であってもアルバイトなどで継続的な収入があれば、その3分の一まではキャッシングを利用できるのです。普通にフルタイムで働いている人と同じルールです。通常は収入証明書なども必要ありませんので、勤務先に在籍確認できればキャッシングが利用できるわけです。新たに申し込むときに用意するものは特になく、アルバイト先に確認があるだけで、それも個人名で取次ぎを頼むだけです。

銀行系でキャッシングする時の注意点

どうしてもまとまったお金が必要になった時は、知り合いにお金を借りるよりは金融業者が扱うキャッシングに申込むといいでしょう。 連帯保証人を用意する必要がないので、誰にも迷惑をかけることなく自分の責任で借金ができます。 キャッシングをどこの金融業者に申込むか迷いますが、返済を少しでも楽にしたいならば銀行系に申込むといいでしょう。 限度額も高く低金利の所が多いので、ゆとりをもった借入や返済がおこなえます。 ただし審査は消費者金融よりは厳しくなる傾向が強いです。 年収はいくら以上で、勤務年数が何年以上という条件があるケースもたまにあるので、申込む前は条件をよく確認するといいでしょう。 その銀行の営業エリアに住んでいるかや、勤務先があるなどが申しこみ条件になるケースもあるので、自分の住んでいるエリアを確認することが大事です。 銀行系は消費者金融系とは違い総量規制の対象外なので、年収を気にすることなくキャッシングができるのも特徴の一つです。