久しぶりに会った友人があんまりにも疲れきった顔をしていたので、
どうしたのかと聞いたら、カードローン地獄でにっちもさっちもいかなくなっていると
話してくれてびっくりしました。
昔から、遊びっぷりが派手な子だなとは思っていたのですが、
私自身がそれほど遊び回らないタイプなので、実際にいくらくらいを使っているのか
まったく予測がついていなかったので、案外なんとでもなるほどのお金なのかなと
思っていたんですが、結構前から、消費者金融のカードローンや、
クレジットカードのショッピング枠・キャッシング枠を使ってお金を作っては
遊んでいたらしいんですよね。
そして、そんな生活が何年も続いて、とうとう、利用限度額いっぱいにまで
お金を借りきってしまい、新規で借り入れができなくなってしまうと、
返済に月々かかるお金もかなりのもので急に節約モードになっても
なかなか支払いきれないくらいのお金になってるんだそうです。
確かに、消費者金融とかのローンって金利とか高いですよね。
でも、借金を支払うために借金をするっていうのは、本末転倒といいますか
問題の悪化しか招かないわけで…。
その子が今は闇金からでもお金を借りようかと迷っていると言っていたので
(正確には「もっと金利高くても貸してくれるところから借りようか迷っている」でしたが)
慌てて、それだけはやめておきなよと止めました。
やっぱり、ここまできてる多重債務者をなんとか問題解決にもっていくには
弁護士とかの法律のプロにきちんと債務整理をしてもらうのが一番だと思うんですよ。
ほら、よく、電車だとかバスだとかの公共なとこに法律事務所の広告シールとかで
借金の相談なら~とか過払い金返還請求がどうとか書いてあるやつ…。
おひとよしかもしれませんが、親戚でもこういうかんじで借金問題で困っていた人が
債務整理で個人再生をしてなんとか立ち直ったっていうのを聞いていたので
それも話して、とにかくまずは専門家に相談に行きなよとアドバイスしておきました。
これまで、特に考えたこともなかったけど、借金とかどこか遠い世界の話のような
本当、人事な感じのイメージだったんですが、結構身近でこういうことが
あるっていうことは世の中、結構な人が貸金業者を利用してるっていうことですかね。
でも、やっぱり自分自身はサラ金とかできれば使いたくはないなって思います。
借金は怖いものって今回のことで再認識できてよかったなって思います。