闇金の金主を用いる

闇金を営んでいる事業者は、金主と呼ばれる資金供給者からの出資を受けて事業を行っています。金主は闇金の事業者が取り立てたお金を納めさせて、結果的に利益を得ているのです。つまりお金を別の人間に渡して、その人物にお金を増加させて自らの懐を増やしているということになります。別の視点で言うと、闇金を営む者は出資されたお金を渡された以上に多くして金主にお金を渡すというスタイルなのです。
この知識を知っておくことによって、次のような場面において活用することができるのです。例えば闇金を題材にしたドキュメンタリー番組を作るときに、お金を渡す資金提供者の存在を描いていくのです。資金提供者の存在を知らせることによって、通常のドキュメンタリー番組よりも内容を増やすことができます。さらに資金提供者を知っておくことで、さらに掘り下げた内容のドキュメンタリー番組などを企画したりすることも可能になります。このようにお金を渡す人物とお金を増やす人物を知っておくことで、従来よりも違った形の内容を作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です