私たちが比較的手軽にお金を借りる手段として消費者金融のキャッシングがあります。しかし、消費者金融のキャッシングでの借入には総量規制の対象となっているため、借入を希望する人の年収によっては審査に落とされてしまう可能性があります。
それに対していわゆる闇金と呼ばれている貸金業者では、借入審査なしに融資ができることを宣伝文句としています。どうしてもお金が入用にもかかわらず、消費者金融などからの借入が困難なような場面では藁にもすがるような気持ちで、闇金からお金を借りてしまおうと考える人も少なからずいることでしょう。しかしながら、闇金という存在は貸金業として営業していくために必要な登録を行っていない違法な貸金業者であり、たとえお金に困っていたとしてもそのような違法な貸金業者からのお金の借入は絶対に避けておくべきことです。
その理由として、金利が非常に高く設定されているため法外な利息を請求されてしまうためです。利息が利息を生む状態になり、あっという間に借金の額が増えてしまうことになります。また、借金の返済を滞納した場合、しつこい取立てや嫌がらせなどの行為に悩まされることになります。