日常生活で重要な支払いが間近に迫ったり、急にまとまった金額を捻出しなければならなくなった時には消費者金融などの貸金業者から借り入れすると便利です。しかしこの時、業者によっては審査基準が厳しく、自分の条件だとなかなか思い通りに融資が受けられないケースも少なくありません。そんな中で自分でも借りることができるものを探して契約した挙げ句、それが闇金だったという事案も少なくありません。

闇金は貸金業法から逸脱した条件で融資を行う悪徳業者のことを言います。通常の消費者金融では断られてしまうような条件の人でも簡単に審査通過できる代わりに、金利がかなり高く、うっかりしていると利子が莫大な金額に膨れ上がり自分の首を絞めてしまうことも起こり得ます。さらにこうやって返済が遅れると電話や来訪にて厳しい取り立てが行われ、もしもお金が準備できなければ生命保険に加入して自死を迫るなど、あの手この手でお金を用意させようとします。これで精神的に追い詰められて本当に死を選んでしまう人もかなり多いもの。万が一の事態へと陥らないためにも、仮にお金が必要だったとしても闇金だけは手を出さないようにした方が身のためでしょう。